基礎から学ぶ韓国語講座

基礎から韓国語を学びたい方のための韓国語講座です。ハングル文字早見表で発音も覚えましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
濃音は、子音の口を作り、息を全く出さずに、
ただちに母音の発音を始めます。

『あった、かった』などの、小さな『っ』から始まると
考えてください。

ㄲ(kk)
ㄸ(tt)
ㅃ(pp)
ㅆ(ss)
ㅉ(tth)

スポンサーサイト
| 子音 | トラックバック(-) | コメント(0) |
激音の発音ポイントは、つばを飛ばすように強くです

韓国人の会話が、怒っているように激しく聞こえるのは、この激音があるからなんですね。


차(tsh) ちゃ

카(kh)  か

타(th)  た

파(ph)  ぱ


激音、濃音ともに日本語にはない発音です
しっかり覚えましょう
すべて母音の『ㅏ』をつけました
左側が子音です


가(k) k+あ=か 文中では濁音 『が』になります

나(n) n+あ=な 舌先を上の歯の裏につけて発音します

다(t) t+あ=た 文中では濁音 『だ』になります

라(r) r+あ=ら 舌先を上あごにつけて発音します

마(m) m+あ=ま 唇を閉じます

바(p) p+あ=ぱ 文中では濁音 『ば』になります

사(s) s+あ=さ 

아(無声)     あ パッチムにつくと『ng』と発音されます

자(th) th+あ=ちゃ 文中では濁音 『じゃ』になります


하(h) h+あ=は 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。